2006年02月22日

[書評]容疑者Xの献身

これは間違いなく愛の形である。
たが決して純愛と呼べる類の何かではない。


今回は2005年版「このミステリーがすごい!」第一位を獲得し、先日発表された第134回直木賞授賞作である本書をとりあげたい。

容疑者Xの献身容疑者Xの献身
東野 圭吾

文藝春秋 2005-08-25
売り上げランキング : 262
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最初に断っておきたいのだが、私は東野圭吾という作家の著作がなんとなく苦手だ。
本作も上記「このミス」での好評価がなければ、読まずにいたことは恐らく間違いない。

それでも、他の作品に圧倒的な差をつけたこの作品。
興味がないわけはない。

さて、本作は天才数学者でありながらさえない高校の数学教師に甘んじる石神が、隣人であり愛した女である花岡靖子が犯してしまった殺人を知ることから始まる。
彼女とその娘を守るため、石神はある策を講じて警察の目をくらまそうとした。

探偵役として登場するのは、石神の大学時代の友人・湯川。事件は互いに最もその才能を評価、尊重しあう二人の頭脳戦の様相を呈する。
この湯川という男、東野作品に登場したことがあるらしいので、ファンにとっては待望の再登場ということなのだろう。読んでないので知らないけど。

トリックは充分に意外性に富んでいるし、伏線の張り方も申し分ない。素直に読み進めれば、なるほど賞レースを勝ち抜いただけの魅力に富んでいる。面白いといってしまっていいだろう。
が、やっぱり東野作品との相性なのかなんとなく粗が目立つ。

最大の問題点はまさしく本作品の魅力の裏返しの部分。
天才vs天才の図を描こうとするあまり、「警察」がいかにも凡人代表のようになってしまっている。なんとかの一つ覚えのように唯一の容疑者への聞き込みを繰り返し、重要な場面ではまだ手の打ちようもあるだろうに必要な捜査をしない。
微妙な部分であるが、石神がどんな錯誤で警察を(そして読者を)ミスリードしているのかを、比較的早い段階で気づいてしまう読者も多いのではないだろうか?
ま、それでもトリック全容を見抜くのは容易なことではないし、気づいたところで本書の魅力が大きくそがれることはないのだけれど。ちょっと残念かもしれない。

あとは……癖のない文章で読みやすいんだけどねぇ。薄味すぎるのかも。

で、だ。
冒頭に書いたんだが、これってやっぱり純愛じゃないような気がする。
『偏執』って単語のほうがよほどふさわしい。本屋でも安易に感動大作とか書いてあって????とかなるくらい違和感がある。
泣きたい人とか純愛に癒されたい人は絶対に読むべきではないと思う。
しかし、こういう壊れた愛の形っていかにも天才型の人間がやりそうではあるな。

正直「このミス」2位の『扉は閉ざされたまま』のほうが好みだなぁ。

この著者のほかの作品はこちらから!

ランキング参加中!

posted by SEEK-STYLE.NET at 02:10 | Comment(4) | TrackBack(2) | 【書評】ミステリ
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
どこの本屋さんに行っても、東野圭吾コーナーができてて、すごいですよね。
純愛というより、偏熱。
確かにそうかもしれません。
こちらからもTBさせていただきます。
Posted by あこ at 2006年02月22日 09:08
TB恐縮です。自分だけひねくれているのかと思っていましたが(周りにあまりにも手放しの賞賛が多いので)、案外そうでもなさそうでちょっと安心したりして(笑)。私も同じくTBさせていただければと思います。かしこ。
Posted by 金玉亭 at 2006年02月22日 09:35
TBありがとうございました。

僕は、東野圭吾が好きでして、この作品も書店で
見つけたときにすぐに買ってしまいました。

世間的にはすごい評価ですが、僕は主人公の行動に
対して実感がわかなかったので感想はもう一歩という
ところでした。
もちろん、それなりに説得力はあったと思うんですけど...。
Posted by t-higu at 2006年02月23日 00:58
>あこ様
コメントありがとうございます。
そうですね、本屋さんの営業努力にはちょっと驚いています。
ドラマも始まってタイムリーに売り出せるタイミングだったのが大きいでしょう。

>金玉亭様
ホントに、皆さん褒めちぎってますよねぇ。
ただ、感想は人それぞれですんで、ほめてない意見も堂々と言っていきたいと思います。

>t-higu様
東野ファンですか!
せっかく読んだので、この作品を機に読まず嫌いを卒業しようかとも思っているんですが、おススメはどのあたりになりますでしょうか?
Posted by SEEK-STYLE.NET at 2006年02月23日 02:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

【BOOK】容疑者Xの献身
Excerpt: 著者:東野圭吾 発行:文藝春秋 価格:1600円+税 新作が出ているのを見つけて、思わずその場で買ってしまいました。 感想: 物理学者の湯川と刑事の草薙のコンビが出てくる小説はこれまでにも 何冊か..
Weblog: 思いつくままに
Tracked: 2006-02-22 07:18

東野圭吾*「容疑者Xの献身」
Excerpt: 容疑者Xの献身 東野 圭吾 / 文藝春秋(2005/08/25) Amazonランキング:262位Amazonおすすめ度: 素晴らしい。一気読み&電車乗り過ごしすごいよ東野!内面..
Weblog: 社会人2年目、新人OLあこの日記(仮)
Tracked: 2006-02-22 09:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。